わたしたちの暮らす神様のお庭の姿や声をお届けできたら幸いです(*´ω`*)


IMG_2189-bg.jpg


「度肝を抜かれる」とはこのこと



IMG_2355-bg.jpg


だって


IMG_2204-bg.jpg

この建造物


IMG_2186-bg.jpg


柱の一本一本


IMG_2212-bg.jpg


石のひとつひとつが

こんなに大きいかった


IMG_2227-bg.jpg


だからアーチの下の女性はこんなにちっちゃく見える


IMG_2225-bg.jpg


更にビックリなのは


これはローマ時代の1世紀ごろに建設された

全長約728m、最高所は約29mの水道橋であり


接合剤を一切使わず花崗岩を積み上げただけのものであるにも関わらず


2000年間あらゆる天変地位に耐えその姿を変えることなく

使用されてきたと言う事実


度肝を抜かれ

圧倒されました


人って人力だけで

こんなにすごいこと

出来ちゃうんだな


こんなもの作れちゃうんだな


古代ローマ人の

人の

底力に驚嘆


2000年前も

今も

「生活をより良くする為」に

知恵を絞り尽力する


変わらない人の想い

労働の意義を感じ


頭が下がる思いがした




スポンサーサイト
2017.09.25 / Top↑


IMG_1708.jpg


18年

ありがとう


毎日

どんなときも

側に居てくれて

ありがとう


出逢ってくれて

うちの子になってくれて

ありがとう


必ずまた逢えるって

信じてる


姿カタチが変わっても

わたしは

きみに気が付くことができる


17年と9ヶ月前のあの時

気が付いたように



***


ふうが旅立った日の朝の空



2017.02.05 / Top↑


IMG_1947.jpg

IMG_1955.jpg


数分ごとに変わりゆく

街の表情


IMG_1954.jpg

IMG_1992.jpg


たった1、2時間の間に

こんなにもドラマがあるなんて

都会に居ては知ることが出来ない


IMG_1993.jpg

IMG_2004.jpg


世界を美しくさせているのは

道路でも建造物でもネオンでもなく

自然の息遣いなのだと知る


IMG_2030.jpg

IMG_2036.jpg


時の輝きを

瞳の奥に焼き付けた



切り取られた空を見上げる都会の生活に戻り


3時間もの間ジッと同じ場所で

空を眺め続けることはない日常に戻っても

忘れないようにと





2016.12.20 / Top↑


IMG_1901-1.jpg

大人になってから感じたことのないような

ワクワク ドキドキ


IMG_1906-1.jpg

右を見ても左を見ても

上を向いても

IMG_1904-1.jpg

何もかもが神秘的に思えて

まるで冒険をしているような感覚に陥る


けれど


この街に住む人々にとっては

何年も何百年も前から見慣れた

日常の一コマ



そのことに気付かされ

胸の内に静かに広がる衝撃


こんなにも世界は広く

文化も人種も思想も神も多種多様



”わたし”の非日常

胸躍る風景を味わい尽くす特別なひと時



壁の創ひとつ

石畳の溝ひとつが


この街は世界の

人類の遺産なのだと

囁きかけて来た



***


2016.夏トレドにて。

2016.11.06 / Top↑

IMG_1857.jpg

旅をしている最中

目の前の恋人達をよく撮らせてもらっている


出来がいい写真が撮れた時

呼び止めて連絡先を聞き

渡したい衝動に駆られる


でも英語力に自信がないし

そもそも観光地なので英語でさえないかもしれない


そう思っていつも後姿を見送りながら

心の中で話しかける


この先あなたたちにどんなことが起ころうと

こんなにも素晴らしい時を過ごしたことを

わたしは知っているよ

わたしのフォルダにいつまでも残っているよ


目を合わせ微笑み合う

手を繋ぎ肩を寄せ合う


心から愛し合っている者たちの姿


息を飲むような

笑みがこぼれるような


そんな尊い瞬間を

見ず知らずのわたしに

見せてくれて

ありがとう


一期一会だからこそ

心に焼き付く

異国の恋人たち


どうかいつまでもお幸せに・・・



2016.09.25 / Top↑