わたしたちの暮らす神様のお庭の姿や声をお届けできたら幸いです(*´ω`*)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


924yoko1.jpg


924yoko2.jpg


924yoko3.jpg



大切な人と

遠方から来た友と

同じ趣味を持つ仲間と



何度も訪れた

横浜みなとみらい



晴れた日の

風と緑の似合う街。







スポンサーサイト
2012.09.28 / Top↑



223sea1.jpg






あの時

空と海の狭間に立ち


”同じ地球上にこんな場所があるなんて!!!”


と、とにかく愕然呆然とした。



見たことの無い色
感じたことの無い空気感



目の前に広がる景色のあまりの現実味の無さに

感動を超えてうろたえた。





その帰りクルージング会社の日本人スタッフさんに聞いた。

「こんな景色見てて日本に帰れますか?」と。



彼女は笑顔で答えた。

「そうなんですよね、もう日本には帰れません
日本に戻るとこっちに帰りたくなるんです
海に呼ばれちゃって」と。




その時わたしは思った。


”そうか、ここに住んでいる人にとってはここが現実なんだ”



当たり前のことだけれど、衝撃的な気付き。



元々住んでいる人はもとより
日本に生まれ育った彼女も国を飛び出し手に入れたのだ。


わたしにとって「圧倒的な非現実」である
この世界を「現実」として。


なんというか・・・
・・・羨ましい。


素直にそう思った。


でも同時に”自分にはできないな”とも思った。


けれど今なら思う。


”自分もできるんじゃないか”と。



憧れを現実に。



今生きている場所を動くことを
「現実から逃げる」「生活を捨てる」と取るか
「現実を変える」「生活を手に入れる」と取るか



それは考え方次第なんだと。



わたしは生まれてからずっと常に後者だった。
友ができては新しい場所へ。その繰り返し。



想像したことも無い国に行き
思い描いたことすらない生活を送ったり


考えたことも無かった選択をし
予想を斜め上を行く展開が待ってたり。




だったらまたできる。



非現実とも思える
夢だって現実に。




Dream what you want to dream,
go where you want to go, be what you want to be.
Because you have only one life and one chance to do all the things you want to do.







(グレートバリアリーフ内「ウポルケイ」より
***
順調に行けば3ヶ月以内に相方共々
お引越しすることになりそうです。

記事の写真は南国ですが、
わたしも相方も山派なので移住先は日本最北端の雪国です。

砂漠育ちのちまがず~っと憧れていた雪の世界
きっと現実はすんごーく厳しいとは思いますが

本能と希望に身を委ね
一度はTRYしてみようじゃないか!と言うことで~(つω`*)

に、してもこんなんでいいのかしら~?と思っていたら

海外の某島に単身移住し
ゲストハウスを経営されている女性から
「そろそろ出産を控えた夫婦が貯金皆無で海外移住するらしいよ。
さすがのアタシもすげーと思った。
でもなんかいいよね~こういうの!」と聞き

「なぬっ行ける・・・行けるぞっ!」と
妙に励まされた単純なちまなのであった(笑))







2012.02.23 / Top↑
716sea.jpg



わたしの愛 それはダイアリー
日々のページ つづるの

わたしの愛 それは小舟
空の海をゆくの

夕日のなか 振り返れば
あなたはわたしを 探すかしら



手嶌葵 『さよならの夏~コクリコ坂から~』より


***


(「なんて綺麗な声・・・誰が歌ってるの?」
と、母が聞いた。
わたしもはじめて彼女の声を聴いたとき
同じことを思った。

彼女の歌声は圧倒的な透明感に溢れていて
わたしの心の琴線は震え、
温かさと淋しさが同時に溢れ出し、涙が零れた。

忘れ去っていた遠い昔の記憶
懐かしいあの景色、あの場所、あの人・・・

歌声に耳を澄ませていると
大切な何かが甦って来るかのような
不思議な感覚に包まれた

彼女は間違いなく「癒し手」なのだろう)



2011.07.16 / Top↑



34skysea.jpg



断崖絶壁



向こうは


奈落の底

世界の終わり


ではなく


『海』


それは


世界の

全ての

始まり_。



(カプリ島にて
***
奈落の底も無限の可能性も
どちらも”YES”
全ては自分の捉え方次第(*´ω`*)
「とりあえずJUMP!」
してみたら
新しい世界がそこにあるかも?)




2011.03.04 / Top↑
923ao.jpg



圧倒的なまでの

奇跡を目の当たりにしたあの時


シャッターを切りながら

涙が止まらなかったのは


これ以上の奇跡に出逢う事は

もうないだろうと

そう思っていたからなのか


これ以上の奇跡に出逢う事を

予感していたからなのか



心が 魂が 震えた。



(カプリ島・青の洞窟より
***
ヒトの魂さんは最初から全ての情報を持っている
”知っている=KNOWING”状態だと言いますね

とすれば
「この場所来たことがある」
「この人前から知ってる」
そんな既視感もまた

魂さんからのシグナルなのかもしれません

”もう知ってるんだよ”という・・・)






2010.09.23 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。