わたしたちの暮らす神様のお庭の姿や声をお届けできたら幸いです(*´ω`*)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑


820lily1-1.jpg



8月15日



台所に立っていた母の後ろの

カフェカーテンの隙間から

何か白いものが揺れているのが見えた




アレは・・・百合?




820lily2.jpg



ちま「ママ!百合!百合だよ!!!」

ママ「えっ?ママが?(*ノзノ)」

ちま「違うよ( ̄▽ ̄;後ろ、カーテンの隙間!」



・・・めくる・・・




ママ「わぁ~百合よ~!(* ̄∇ ̄*)」←百合が大好きなので大興奮。

ちま「すごい~ここじゃなきゃ見えなかったね~」



勝手口は北東向きの為

普段扉もカフェカーテンも締め切っている



そのカフェカーテンの隙間から

丁度見えるところに一輪だけ咲いた白い百合



工務店のガラクタやガラス片まみれの空き地で

信じられないほど美しいエネルギーを放っていた



わたしにはその百合の周りだけ輝いて見えた



ちま「先日わんこーずが隣の敷地から並んでこっち見てる夢見たって言ったじゃない?」

ママ「うん~そろそろ帰るよ~ってことだったのね」



そう言えば一代目のドーベルくんの初盆は

彼がいなくなって腰まで伸び切った庭の雑草が

丁度彼の体の幅に倒れた状態で庭の終わり~家のサッシの前まで続くという

典型的な「ケモノ道」ができてたっけ

それは彼の夢を見て、泣きながら目覚めた日の朝だった。



毎年なんらかのカタチで

「帰るよ」「帰ったよ」と教えてくれる彼ら



みんな、おかえり。








スポンサーサイト
2012.08.20 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。