わたしたちの暮らす神様のお庭の姿や声をお届けできたら幸いです(*´ω`*)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
201118f.jpg



”同じ空間にキミがいるってだけで
なんだか安心できるんだ


キミがナニをしてくれるからとか
言ってくれるからスキとか
そういうんじゃなくて


ただ一緒にいたいと思うんだ
それだけなんだ


理由なんてない
すごく大好きなだけなんだ”


「一緒に居てくれてありがとう
ウレシイな シアワセだな・・・」


キミタチは
わたしたちが忘れてしまいがちな大切なことを
思い出させるために
本来純粋で単純であった愛のカタチを
体現して見せるために
最もヒトの側で生きる種族を選んで生まれてきた



”荒んでてもいいよ
落ちぶれてもいいよ
泣いても怒ってもいいよ
ありのままでいいよ
ずっと側にいるよ”


”大好きだよ”



知能ではなく本能で全てを知っている魂



優しいまなざしで
温かなぬくもりで
短い一生で


存在の限り伝えてくれる



そのぬくもりがいつか離れる日が来ても
きっと何度も思い出す


白くなった顔
見えなくなった目
ヨタヨタした足取り


どんなキミになっても
キミをキミたらしめているものがある限り
キミは何ひとつ変わることはなくキミであり続ける


そんなキミを想い
愛おしくて愛おしくて
胸がはちきれそうになった時


わたしもキミタチに、愛に
少しだけ近づけた気がするんだ...



(ちまが大好きなわんこのマズル(鼻の周辺)。
マズル周辺はもっとも年齢が出やすい部分かも~
***
昨今すっかり年老いた我が家の長女
微笑ましくもありながら
何頭も見送ってきただけに
先を考えて悲しくなることがあります(TωT)

そんなちまの想いをよそに
「ごはん~」「抱っこ~」「ひなたぼっこ~」
とひたすらいつもと変わらない長女
その姿に癒されつつ元気付けられる今日この頃なのでした)






スポンサーサイト
2011.01.08 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。