わたしたちの暮らす神様のお庭の姿や声をお届けできたら幸いです(*´ω`*)

24onest.jpg





Honesty is such a lonely word.
Everyone is so untrue.
Honesty is hardly ever heard.
And mostly what I need from you.



”誠実”
なんて寂しい言葉なんだろう
誰もがとても不誠実だから
”誠実”
ほとんど聞かない言葉だけど
それこそ僕が君から一番欲しいものなんだ.



***



彼は彼女に暖かな手袋とコートを買った。
いつも手土産のタバコを欠かさなかった。

適当にあしらわれても
”あんなハゲ気持ち悪い”と言われても
足しげく彼女に逢い行った。

彼は長い間ずっと独り身だった。
彼女は既婚である事を隠していた。

「アレ買って来て!コレ食べたい!」

彼女は彼からもらえるものは
なんでももらおうと考えていた。

”心”以外は_。

彼は愛されていないことを承知しているのか
いつも寂しそうに笑いながら彼女の側に佇んでいた。



「哀しい」のは
彼だろうか。



きっと違う。


彼の心はいつでも彼女への愛と優しさ
思いやりでいっぱいなのだから。

彼女を包む暖かなものを選んでいる時
彼女の大好きな食べ物を差し入れる時

彼の心は幸せに満ちている。

ヒトは彼を気の毒がるかもしれない。
けれど彼は間違いなく愛に溢れた人なのだ。

彼女が気付く日は来るのだろうか。

自分を包んでいるそのコートは
指先を暖めているその手袋は
彼のお金ではなく愛情だという事に。



愛のない相手に
愛のあるフリをする事は
愛のある相手に
愛されない事よりも

ずっとずっと哀しい。

そこに「誠」は「実り」は
何ひとつないのだから・・・




(Billy Joel「Honesty」より
***
勉強大嫌い星人のちま*が珍しく・・・12年くらい前?
「どうしても訳したい」と初めて訳したのがこの詩でした。
当時開いていたブログに載せたような・・・?

この曲を初めて聴いた時は
歌詞もわからないままに
「なんて切ない曲なんだろう」と思ったものです

そして訳してみて一層切ない曲だとわかり
ひっそり涙したものでした。

そして先日この曲を思い出すような
出来事があったので、記事にさせて頂きました。

このお写真は
その出来事の舞台となったとあるお店です。
惹かれるボトルがあったので
手元にあったコンデジで思わず激写)




スポンサーサイト
2011.02.04 / Top↑
Secret