わたしたちの暮らす神様のお庭の姿や声をお届けできたら幸いです(*´ω`*)


86sky3.jpg






Hello Goodbye & Hello.

君に会って 今君にさよなら

Hello Goodbye & Hello.

そして君のいないこの世界に Hello.




―熊木杏里「Hello Goodbye & Hello.」より
全歌詞はコチラ



(熊木杏里さんは手嶌葵さん同様
好きな声の歌い手さん。

歌声にも歌詞にも
聴き手が自由に想いを馳せることのできる
柔らかな広がりがあるところが好きです。

何度聞いても「Goodbye」という響きよりも
「さよなら」という響きにグッと来るのは
ちまが日本人だからなのでしょうか

わたしたちは生まれてから旅立つその時まで
「Hello Goodbye & Hello.」
その繰り返しなんだと

聴く度に胸がキューッとなるのでした(つω`*)


***

余談ですが
相方共々引っ越し計画に伴い
暫く過去ブログやSNSから
写真記事の移植をさせて頂きたいと思いますm(*_ _)m)




2012.02.25 / Top↑


120tree3.jpg



「ひとりだ」って思うと
ひとりぼっちだなって気がしてくる

「ひとりじゃない」って思うと
ひとりじゃないんだって思えてくる


わたしたちってそういう単純な生き物


彼らはそれを知ってるから
いつでもそっと語りかけてくる


”ここにいるよ”
”一緒だよ”


お月様も
そこの木も草花も


それは心や頭の中の声を静めて
耳を澄まさないと聴こえないくらい
ちいさなちいさなささやき

応えることのない
目を向けることさえない
そんな者にも変わることなく


”いってらっしゃい”
”おかえり”

・・・


わたしたちは
ひとりなんかじゃなかった

いつだって








2012.01.20 / Top↑
630sky.jpg




「ん?」


何か気配を感じて

窓のシェードを上げた途端


目の前に現れた


夕日に照らされ光輝く海岸線

綿菓子のように膨らんだ雲のソファ

逆光で天使の羽のように見える翼


”わ、すごい!”

慌ててシャッターを切った直後

景色は全く違うものになっていた


瞬きをする間に変わり行く

目の前の「絵」に

地球の息づかいを感じた



”ね、撮って?”


あの時

そう言われた気がしたんだ


この星は生きてる







2011.06.30 / Top↑



56sky2.jpg





あなどらないで

僕らにはまだやれることがある


手遅れじゃない まだ間に合うさ

この世界は今日も美しい


そうだ美しい




Mr.Children「It's a wonderful world」より


***


何度も繰り返し聴いてきたこの曲が
原発危機後より重く胸に響くようになった

こんなにも青く美しい地球を
海を大地を大気を

日本は汚してしまった

果たして”まだ間に合う”のだろうか...

焦りを覚えた

ひとりひとりが「やれること」を
探しながら日々を過ごして行かなければ

今までよりも強く意識的しながら

未来の子供たちの為
この地球の為

肥沃な大地
豊穣の海
安全な水
和の精神

継ぎ、守り、残してくれた
今は亡きたくさんの命の為にも

「果たすべき責任」は

この国に地球に
生かされているわたし達に

等しくある





2011.05.06 / Top↑
114akarensky.jpg



余白は


味わい

静寂

遊び

余韻

優しさ

未知



だから人は空を見上げる





2011.01.17 / Top↑